keyboard samurai ZERO COOL

 

  1. ホーム
  2. IT技術及びツール紹介
  3. OS(Linux)
  4. CentOS
  5. telnetサーバを構築

CentOS7でtelnetサーバを構築する

telnetサービスをインストールし自動起動設定にする

まずは、当サイトのCentOS7インストール方法及び基本的な初期設定に関するページを参照、CentOSをインストールします。

ここでは、既にCentOSインストールが完了し動作していることを前提に話を進めていきます。

以下のコマンドを実行し telnetサービス をインストールします。

# yum -y install telnet-server

これにより、telnetサーバサービス がインストールされます。

参考までに、telnetのクライアントをインストールする場合は、以下のコマンドとなります。

# yum -y install telnet

※ yum コマンドに -y とオプションを付加していますが、「インストール途中の質問は全てyesで回答する」という意味となります。

以下のコマンドで、telnetサーバサービスが起動しているか確認してみましょう。

# systemctl status telnet.socket

結果を見てわかるように、この時点では、telnetサービスはインストールされていますが、起動はしていません。

本当にインストールは成功したのか、念のため、コマンドにより確認してみます。

# rpm -qa | grep telnet

以下のように表示されていれば、インストール済みです。

[root@localhost ~]$ rpm -qa | grep openssh

telnet-server-0.17-64.e17.x86_64

では、telnetサーバサービスを起動してみましょう。

# systemctl start telnet.socket

そして、もう一度、以下のコマンドを実行します。

# systemctl status telnet.socket

telnetサーバサービスが起動していることが結果から分かります。

ここで、OSを再起動してみます。

CentOS起動後に、ログインし、

# systemctl status telnet.socket

を実行してみます。

telnetサーバサービスは自動的に起動していないようです。

では、どのようにすれば、telnetサーバサービスを自動起動するように設定できるでしょうか。

systemctl コマンドを使用してサービスを自動起動するように設定してみましょう。

# systemctl enable telnet.socket

以前のバージョンでは、chkconfig コマンドを使用して、以下のようにコマンド実行していました。

# chkconfig telnet on

現在でも、chkconfigコマンドにて実行すると、systemctl enable telnet service へ転送している旨のメッセージが表示され機能はしますが systemctlコマンドを使用するようにしましょう。

それでは、自動起動の設定は成功したのでしょうか?

再度、CentOSを再起動して確認してみます。

CentOS起動後に、ログインし、

# systemctl status telnet.socket

telnetサーバサービスが自動起動していることが確認できました。

毎回、systemctl start telnet.socket を実行しなくてもCentOS起動後に自動起動されます。

ここで、systemctl コマンドを使い、対象のサービスが自動起動設定がされているか、明示的に確認してみます。

CentOS6では、chkconfig --list を使っていましたが、CentOS7 では、以下となります。

# systemctl list-unit-files | grep telnet.socket

 telnet.socket enabled となっていれば、自動起動が有効であること表します。

disabledは自動起動無効を表します。

また、

# systemctl status telnet.socket

により、サービスの各種状態を確認することができますが、

"Loaded:"が出力されている行の、

/usr/lib/systemd/system/telnet.socket;

の直後を確認し、enable と表示されているか、disable と表示されているかによっても自動起動が有効であるか判別することができます。

自動起動を有効化するには、

# systemctl enable telnet.socket

自動起動を無効化するには、

# systemctl disable telnet.socket

となります。

つまり、以前の chkconfig telnet on に相当する自動起動の有効化が、systemctl enable telnet.socket となり、chkconfig telnet offに相当する自動機能無効化が、systemctl disable telnet.socket となります。

以上が、CentOS7へのtelnetサーバの導入手順及び解説となります。



CentOSは サーバOSとして信頼性の高いLinux。どのようなOSなのか解説していきます。

CentOSの インストール方法を説明していきます。

CentOSで 起動USB を作成する方法を解説。

CentOSで httpサーバを構築してみよう。

CentOSで sshサーバを構築してみよう。

CentOSで telnetサーバを構築してみよう。


    スポンサーリンク