keyboard samurai ZERO COOL

 

  1. ホーム
  2. IT技術及びツール紹介
  3. OS(iOS)

OS(iOS)

概略

iOS(アイオーエス)は、Apple社 が開発・提供するオペレーティングシステムであり、同社 のスマートフォンであるiPhoneや、PDA機能を持つデジタルメディアプレーヤーのiPod touch、タブレット端末のiPad・iPad mini の各全モデルに搭載されている組み込みの OS(オペレーティングシステム)の名称です。

2008年まではOS X iPhoneという名前したが、2009年には iPhone OSという名前になり、2010年6月21日にリリースしたバージョン4.0 からは現在のiOS という名称で提供されれいます。

カーネルはMac(マッキントッシュ) の OSである OS X と 同様「Darwin」をベースとしています。

iOSはマルチタッチや加速度センサーなどの独自UI(ユーザインターフェイス)を持ったOSで、iPhoneの登場とともに、従来にはない特徴的なユーザインターフェイスで注目を集めてきました。

iOS 4では サードパーティ製アプリのマルチタスク処理、iAd、iBooksなどをサポートしています。

セットトップボックスのApple TVにも採用されていますが、ユーザによるアプリケーションの追加ができないなど大幅に機能が制限されています。

iOSは、基本的にmacOSをタッチパネルの携帯機器に最適化した形で再構成したもので、ユーザインターフェースは全く異なるものの、Darwinカーネル(XNU)の上に、Cocoaベースのアプリケーションフレームワークが載っている構成という意味では macOS と同じです。

ただし、macOSの根幹技術の一つであるCarbonやUNIX関連の機能の多くを欠いており、開発者はCocoa Touch、Media、Core Services、そしてCore OSという4つのレイヤを通じてOSにアクセスします。

当初はユーザによるアプリケーションの追加は認められていなかったが、2008年6月よりSDKが整備され、App Storeで自由にアプリケーションを追加できるようになっています。

iPhone SDKの登場により、Cocoaフレームワークと開発言語としてのObjective-Cが改めて注目されることとなりました。

iPhoneはJava仮想マシン、Carbonを搭載しておらず、iPhone向けネイティブアプリケーションの開発には、基本的にObjective-C(もしくはSwift)を習得する必要があります。

iOSのカーネルは当初からマルチタスク対応であり、音楽再生などのOSに組み込まれたプロセスはバックグラウンドで実行させることができたが、iOS6までは、バッテリやメモリ容量の制約から、1度に起動するアプリケーションは1つに限定されていました。

iPhone/iPod touch/iPad 用のサードパーティーアプリケーションは、App Store経由で配布・販売されています。

当初はセキュリティ上の理由から、Webベースのアプリケーションのみが認められていました。

しかし、2008年6月からは開発者にネイティブアプリケーションソフトウェア開発キット(iPhone SDK)が提供され、iPhone 3Gの発売(同年7月)と同時にApp Store経由でのサードパーティアプリケーション配布が開始されました。

スティーブ・ジョブズ直々の指名により初代iPhoneの開発初期からiOSの開発責任者を務めたスコット・フォーストール曰く「ジョブズ自らの指示を元に小さな子供からお年寄りに至るまで説明書要らずで直感的に操作出来るようにデザインした。」とコメントしています。

iOS7からはこの制約は撤廃されました。

もっと感覚的に説明するならば、見た目も、動きも美しいデザイン、使いやすいインターフェイス、驚きの機能、セキュリティを重視した設計された iPhone、 iPad、iPod touch を動かすプラットフォームです。

Apple製ハードウェアに内蔵されている先進テクノロジーを最大限活用するように設計されています。

使いやすいインターフェイスから、iPhone、iPad、iPod touchは、手にした瞬間から使い方がわかります。

iOSが、わかりやすさを重視してデザインされているからです。

シンプルで美しいホーム画面には、思わず試したくなる内蔵アプリケー ションが並んでいます。

だからすぐに、お気に入りのウェブサイトを閲覧したり、感動の一瞬を写真に収めたり、友だちにメッセージを送ることができるのです。

何をしている時でも、どのアプリケーションを使っている時でも、すべてが簡単で、直感的で、楽しくなります。

Apple社 は iPad、iPhone、iPod touchのハードウェアとオペレーティングシステムである iOS の両方をつくっているので、あらゆることがしっかり連係します。

デュアルコアプロセッサ、高速のグラフィックス、ワイヤレスアンテナ など、優れたハードウェアの機能をアプリケーションが最大限まで活用できるのはこのためです。

その理想的な一例が、マルチタスキング機能です。

iOS11は あなたがアプリケーションを使いたくなる時間を学習し、デバイスがすでに使用中の時やWi-Fiに接続している時など、電力効率の良いタイミングを見計らって コンテンツを更新しておきます。

だから、バッテリーを無駄遣いすることなく、お気に入りのアプリケーションのコンテンツを常に最新の状態に保てます。

iOSは、90万以上もあるモバイルアプリケーションのプラットフォームです。

そして、すべてのアプリケー ションが正しいDNAを持っています。

それは、iOSデバイスに備わったテクノロジーを最大限に活用する アプリケーションとゲームを制作できるよう、Appleがサードパーティデベロッパに充実したツールとAPIの セットを提供しているからです。

これらのアプリケーションはすべてApp Storeに集まっているので、iTunesで使っているアカウントで、アクセスも、検索も、購入も簡単に行えます。

欲しいものが見つかったら、ダウンロードはワンタップです。

なお、Cisco Systemsが提供しているネットワーク制御機器用のOS「Cisco IOS」も、「IOS」と略されることがあります。

なお「IOS」はシスコシステムズの商標であるが、同社はアップルが「iOS」の商標を使用することに合意しています。

    スポンサーリンク