keyboard samurai ZERO COOL

 

  1. ホーム
  2. IT技術及びツール紹介
  3. ネットワーク(Windowsネットワーク)

ネットワーク(Windowsネットワーク)

IPアドレス

インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器1台1台に割り振られた識別番号。インターネット上ではこの数値に重複があってはならないため、IPアドレスの割り当てなどの管理は各国のNIC(ネットワークインフォメーションセンター)が行っている。
インターネットなどのネットワークは機器間の通信にIP(Internet Protocol)というプロトコル(通信規約)が用いられる。IPアドレスはこのIPで運用されるネットワークにおける個々の通信機器やコンピュータの住所のようなもの。現在広く普及している「IPv4」(Internet Protocol version 4)では、IPアドレスに8ビットずつ4つに区切られた32ビットの数値が使われ、「211.9.36.148」といったように、0から255までの10進数の数字を4つ並べて表現する。
単なる数値の羅列であるIPアドレスはこのままでは人間にとっては覚えにくいため、コンピュータやネットワークに名前(ドメイン名やホスト名)がつけられている場合が多く、「DNS」(Domain Name System)というシステムによってIPアドレスとの相互変換が行われる。このため、普段インターネットを利用する時にIPアドレスそのものを目にしたり、意識するような場面はあまり多くない。
現在のIPv4では、32ビットの数値で識別できる上限である約42億台(2の32乗)までしか一つのネットワークに接続することができず(実際の運用ではこれより少なくなる)、インターネットで利用するIPアドレスが足りなくなることが懸念されている。このため、企業など多くの機器を利用するところでは、組織内ネットワークでは自由にいくらでも使えるプライベートアドレスを使い、インターネットとの境界にグローバルアドレスとのアドレス変換を行う機器を設置するといった運用方法が普及している。
また、次世代のIPv6では128ビットのIPアドレスが使われ、単純計算で2の128乗、約340澗(かん)、約3.40×1038個のIPアドレスが利用可能になるため、IPv6に移行すれば当分のあいだIPアドレスが足りなくなる心配はなくなると言われている。

プライベートアドレスグ

IPアドレスはネットワーク内で一意で無ければいけませんでした。
インターネットの世界でも同じで、インターネットという巨大なネットワークであっても、そこで使われるIPアドレスは一意で無ければいけません。
でもちょっと待って下さい。
まったく接続されていない2つのネットワークであれば、同じIPアドレスを使用しても問題ないんじゃあないの?なんて思いませんか?
インターネットに接続していない完全に閉ざされたネットワークであれば、その中で一意であれば全く問題ありません。
ただしそれぞれのユーザーが適当にIPアドレスを決めてしまうというのも、何だかうまくありません。
そこで社内のネットワークなど閉ざされたネットワークでのみ使用できるIPアドレスを決めました。
この自由に割り当てることができるIPアドレスを「プライベートアドレス」といいます。
プライベートアドレスは以下の範囲がRFC 1918にて規定されています。

 ・10.0.0.0~10.255.255.255 (10.0.0.0/8)
  ・172.16.0.0~172.31.255.255(172.16.0.0/12)
  ・192.168.0.0~192.168.255.255(192.168.0.0/16)

プライベートアドレスに範囲内であればユーザーが好きなように割り振ることが出来ます。
ただしプライベートアドレスを使用したネットワークをインターネットに接続することは御法度です。

グローバルアドレス

逆にインターネットに直接接続されているコンピュータなどが使用するIPアドレスは、ICANNというインターネット上で利用されるアドレス資源の標準化や割り当てを行なっている組織で一元管理されています。
このようなIPアドレスのことを「グローバルアドレス」といいます。
つまり、グローバルアドレスは公衆の電話番号で、プライベートアドレスは会社の内線番号のようなものと言えば分かりやすいでしょうか。
このようにインターネットに接続しない社内ネットワークでは、基本的にすべてプライベートアドレスを使用するのが一般的なのですが、中にはグロ ーバルアドレスをバリバリ使用している社内ネットワークなんかを見かけます。
完全に社外から閉じられたネットワークであれば、まぁ問題ないんですが、今後そのネットワークがインターネットに接続するなんて時にややこしくなりますので、それだったら初めからプライベートアドレスを使用しておくのが無難ではないでしょうか。
ちなみにプライベートアドレスを使用しているネットワークをインターネットに接続する場合はアドレス変換(NAT)機能を使用してグローバルアドレスに変換する必要があります。

リンクローカルアドレス

○169.254で始まるIPアドレス
インターネットに接続しようとしたんだけどうまく繋がらない。色々調べてみると、自分のIPアドレスが「169.254.1.1」になっていた。
なんでこんなアドレスが設定されているのだろう?なんて疑問に感じたことはありませんか?

実はこのアドレス、WindowsでDHCPによるIPアドレスの取得に失敗した場合に、自動的に割り振られるアドレスなのです。

このアドレスのことを「リンクローカルアドレス」と呼びます。
LINKLOCALアドレスの範囲は以下の通りです。

169.254.1.0~169.254.254.255

ちなみにこの自動で割り振られる機能をAPIPA(Automatic Private IP Addressing)と呼ばれるのです。
一見便利そうなこの機能ですが、実は自動で割り振られるのはIPアドレスのみのでデフォルトゲートウェイは設定されません。そのためそのままではルータを越えた通信は出来ないのです。
また一見するとIPアドレスが正常にDHCPから取得できたようにも思えてしまうため個人的にはまったくもって不要な機能ではないかと思っております。
もちろんこの「APIPA」の機能を無効にすることも出来ます。無効にするにはWindowsのレジストリを直接変更しなければならないため初心者にはちょっと敷居が高いかもしれませんね。

    スポンサーリンク