keyboard samurai ZERO COOL

 

  1. ホーム
  2. IT技術及びツール紹介
  3. ハードウエア(Bluetooth)

ハードウエア(Bluetooth)

Bluetoothとは

Bluetooth(ブルートゥース、ブルーツース)は、デジタル機器用の近距離無線通信規格の1つである。

数mから数十m程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用される。

当初エリクソン、インテル、IBM(現 レノボ)、ノキア、東芝の5社(プロモーター企業)によって策定され、その後マイクロソフト、モトローラ、3COM、ルーセント・テクノロジーの4社がプロモーター企業として加わり、現在は3COM、ルーセント・テクノロジーの2社が脱退し、アップル、およびNordic Semiconductorが加わり、9社がプロモーター企業となっている。

IEEEでの規格名は、IEEE 802.15.1である。 2.4GHz帯を使用してPC(主にノートパソコン)等のマウス、キーボードをはじめ、携帯電話、PHS、スマートフォン、PDAでの文字情報や音声情報といった比較的低速度のデジタル情報の無線通信を行う用途に採用されている。

Bluetoothは2.4GHz帯を79の周波数チャネルに分け、利用する周波数をランダムに変える周波数ホッピングを行いながら、半径10 - 100m程度のBluetooth搭載機器と、最大24Mbpsで無線通信を行う。

モバイル通信における廉価な通信端末用の規格であり、それほど厳密な送受信の制御や秘匿性は考慮されていない。

当初は赤外線短距離通信であるIrDAの完全置換えという誤った認識で普及が試みられたが、使いにくさが強調され、普及の妨げとなった。

しかし現在では(赤外線通信と比較して)指向性の少ない、簡易なデジタル無線通信としての利便性が認識され、多様な分野で普及が進んでいる。

Bluetoothは、無線接続の状態を意識せずに常時接続したままでの使用状況に適している。

反対にIrDAは、意図して接続するのに適している。これらは互いを補完している。

Bluetoothと一部の無線LANは周波数帯を共用する。

そのため干渉が起こり、Bluetooth使用時に無線LANの速度が著しく低下するという問題が起こることもある。

名称はスウェーデンのエリクソン社の技術者がつけたものである。

初めてノルウェーとデンマークを交渉により無血統合したデンマーク王、ハーラル・ブロタン・ゴームソン (Harald Blatand Gormsen / Haraldr blat?nn Gormsson) に由来している。

Blatandを英語の音に写したものがBluetoothである。

「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている。

Bluetooth のロゴは、北欧の長枝ルーン文字(イェリング墳墓群の石碑に見られる)でハーラル・ブロタンの頭文字の H と B を組み合わせたものに由来する。

携帯情報機器などで数m程度の機器間接続に使われる短距離無線通信技術の一つ。

ノートパソコンやスマートフォン、および周辺機器などをケーブルを使わずに接続し、音声やデータをやりとりすることができる。

元々スウェーデンのEricsson社が開発した技術を元に、同社とIBM社、Intel社、Nokia社、東芝などが中心となって設立されたBluetooth SIGが仕様策定や普及を推進している。

IEEEによってIEEE 802.15.1として標準化されている。

Bluetoothは、免許なしで自由に使うことのできる2.45GHz帯の電波を利用し、最高24Mbpsの速度で通信を行うことができる。

Bluetoothは赤外線を利用するIrDAと違って、電波を利用するため機器間の距離が10m以内であれば障害物があっても利用することができる。

また、Bluetoothは0.5平方インチの小型のトランシーバを利用するため、IrDAに比べ消費電力が小さく、製造コストも低く抑えられる。

Bluetoothは様々な用途で利用されることを想定し、用途や機器によって実装すべき機能やプロトコルを「Bluetoothプロファイル」として個別に策定している。

コンピュータにマウスやキーボードを接続するためのHID(Human Interface Device Profile)や、プリンタにデータを送信して印刷させるためのBPP(Basic Printer Profile)、機器間で無線ネットワークを構築するPAN(Personal Area Network Profile)、携帯電話などでヘッドセット(イヤホンマイク)を接続するためのHSP(Headset Profile)などがある。

今や携帯電話やノートパソコンの多くに対応機器があるBluetooth(ブルートゥース)。 近距離無線通信と言えば、手軽な赤外線もそのひとつですが、赤外線の場合は間近で対象機器に向けていないと通信ができないのに対して、Bluetoothは最大100m、壁を挟んでも通信ができます。

高速性はもちろん、離れた距離での確実な送受信を優先したい場合、Bluetoothはとても有効です。

パソコンや携帯電話、携帯オーディオプレイヤーやスピーカー、パソコン用のマウスやキーボードに至るまで、製品間の無線通信が容易に行えます。

無線で通話や音楽を楽しむための「近距離通信規格」 Bluetoothで接続できる機器で、もっともシンプルなのがイヤフォンマイク(ヘッドセット)やハンズフリー機器。

携帯オーディオプレイヤーなどをワイヤレスで聞くことができます。

スマートフォンなら、ポケットやカバンに入れたままでも通話可能。

また、パソコンも同じようにワイヤレスで接続できるので、寝室にあるパソコンの音楽をリビングに置いたBluetooth対応スピーカーで再生できます。

Bluetooth対応パソコン Bluetooth対応マウスなら、アダプターなしで無線マウスが利用でき、かさばらないのでモバイルにも最適です。 1つのレシーバー(アダプター)で、最大7つのBluetooth機器が接続できます。

パソコンと、携帯電話・ヘッドセット・マウス・キーボードなど、複数の異なる機器とも接続可能です。

最大100m※の無線通信ができるため、たとえば家中どこでもBlutooth機器を使用できます。

※Class1対応の場合 Bluetoothのバージョン・Classとは 現在、製品として普及しているBluetoothのバージョンは1.1、1.2、2.0、2.1、3.0で、最新規格は4.0になります。

これらのバージョンのBluetooth製品同士であれば基本的に下位互換性があり、接続することができます。

ただし、各バージョンにある固有の機能を利用するためには、そのバージョン以上同士の組み合わせで使用しなければなりません。

また、最新バージョンの「4.0」は前バージョンとの通信には対応していますが固有の機能は「4.0対応」と明示されている機器以外で利用できません(機能の下位互換性はない)。

ver1.1 普及バージョン ver1.2 2.4GHz帯域の無線LAN(11g/b)との干渉対策が盛り込まれた ver2.0 「EDR」対応ならver1.2の約3倍のデータ転送速度(最大3Mbps)を実現 ver2.1 ペアリングが簡略化された マウスやキーボードのバッテリー寿命を最大5倍延長できるSniff Subrating機能(=省電力モード)が追加 Ver3.0 従来の約8倍のデータ転送速度(最大24Mbps)を実現 電力管理機能を強化し、省電力化を向上 Ver4.0 大幅な省電力化を実現する低消費電力モード(Bluetooth Low Energy=BLE)に対応、 通信速度1Mbps Bluetooth Smart Bluetooth Smart. Bluetooth Low Energy(BLE)による低消費電力モードでのみ通信。

Bluetooth Smart Ready対応機器間でのみ通信可能で、従来Bluetoothとの互換性はない。

Bluetooth Smart Ready(デュアルモード)

Bluetooth Smart Ready(デュアルモード).

Bluetooth Low Energy(BLE)による低消費電力モードで通信をする子機との通信に対応し、かつ従来の Bluetooth機器との通信が可能。


    スポンサーリンク